校長挨拶

今までとは異なる新たな局面を迎えて

 

                                                                                                                                                                                                      校長 鈴木 彰典

 

 9月1日から2学期が始まりました。本来ならば、体育祭、修学旅行、水上自然教室、合唱コンクール等の学校行事を通して、

子供たちの自主性や協調性を育む大切な学期になる予定だったのですが、新型コロナウイルス感染症の第5波による感染拡大に

よって緊急事態宣言が9月12日まで延長され、さらに9月30日まで再延長されることになり、教育計画を変更しながら子供

たちの学びの保証に努めた教育活動を展開しております。

 

 現在、本校では、非常に感染力が強いデルタ株への対応策として分散登校を行い、登校した生徒は教室で対面授業を行ってお

ります。一方、家庭にいる生徒はオンライン授業(教室で行っている授業配信を視聴したり、オンラインで配信する課題に取り

組む)を受けております。私たち教職員はオンライン授業に初めて取り組むため、夏休み中から試行錯誤しながら準備してオン

ライン授業を進めております。オンライン授業については、改善点や工夫すべき点が多々ありますので、実践しながら改善を図

り、より効果的な授業にして参りたいと思います。

 

 学校では、感染防止対策を徹底しながら教育活動に取り組み、子供たちの持つ力を伸ばすとともに、信頼される学校づくりを

推進しているところでございます。今学期も保護者や地域の方々のお力添えをいただきながら、本校の発展・充実に取り組んで

参りますので、ご理解・ご支援の程よろしくお願いいたします。